スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妊婦帯って...

21w 4th day
つわりの間中食べられなかったお肉がすこしづつ食べられるようになってきて
昨日は妊娠して始めて『とんかつ』を食べにいき、妊娠前だったら考えられないけど
1人前を全部たべて、ごはんまでほんの2口くらいのこしてほとんど食べてしまったら
おなかが一段と大きくなったみたい!
そしてそのせいか、今朝の胎動は今までで一番大きかった....
おなかのBaby、とんかつで大きくなったかな?

大きくなってきたお腹で急に思い出したのが妊婦帯。
実はお参りしたけど一度も使用していなかった~。

外もだんだん暖かくなって洋服が薄着になってくるとなんとなくお腹周りのホールド感が
必要な気もするけど、まだそれほど必要ないのかな~と思ったり。

8月に出産した友人は「暑くてほとんどつけてなかった」といってたけど。
妊婦さんってみんなアレつけてるのかしら...?
スポンサーサイト

食生活がもどってきた...?

最近やっとつわりが本格的に収まってきて、し好が妊娠前の
状態にもどってきた様子。

まだ食後2時間くらいたつと気持ち悪くなるのはかわらないけど
それでも以前に比べたらなんとか我慢できる範囲。

つわりの間まったく食べられたかったお肉も鶏肉以外は食べられる
ようになってきて、昨日の夕食は久しぶりにお好み焼き~♪

おととい3ケ月ぶりくらいにカレーを食べてみたけど気持ち悪くならなかったし、
大好物のスィーツも徐々に食べたくなり始めてる感じ。

こうなると増々体重管理がタイヘンになってくるな~と思い、
妊娠前の食生活をもう一度振り返ることに。

それは、夕食に炭水化物をとらない方法!

仕事の都合で夕食がだいたい9:00以降になってしまう我が家。
そこで以前は夕食はビールやワイン+おつまみ程度にしておいて
なんとか夫もメタボにはならずに済んでいたことを思い出しました。

今は私はアルコールというわけにはいかないのけど、別に飲みたいとも
思わないから平気。食事のみおつまみ系にして、翌朝はしかkり食べる
という方法だとやっぱり体重はあまり増えないみたい。

最近日中は結構おなかがすくようになってきたので、この方法でなんとか
のりきりたいと思います~♪

体質改善

子宮内膜症と診断されながらも、病院での治療に疑問を
感じた私は、体質改善に取り組みました。

もともとアレルギー体質、低血圧、冷え性、運動嫌い、
と悪い要素をたくさん抱えた自分自身をいろいろと見つめ直して
根本から改善しなくてはいけないと感じたからです。

本やインターネットで様々な情報を得たなかでまず取り組んだのが
定期的な運動と人参ジュースです。

運動は量的にはさほど多くはなかったと思いますが、毎朝の散歩など
できる範囲で始めました。

そしてとても効果を実感したのは人参ジュースです。

通販雑誌『通販生活』でオーストラリアのジューサーを購入し、
人参を1本~1.5本まるごとジュースにして毎朝飲みました。
半年くらいでひどかった生理痛をほとんど感じなくなっていました.....

貧血...

昨日は暖かくて気持ちよかったので、家事を一通り済ませた後で
庭の草むしりを1時間くらいがんばって、その後ですぐにお買い物に
出かけました。

最近空腹時のキモチ悪さも我慢できるようになってきたので
昼食を食べる前にいろいろな事を急いで済ませよう~とはりきった
せいか、スーパーのレジで支払いを済ませたとたん、全身から
サーっと血が引いて行くような感覚に襲われて、立っていられなくなって
しまいました。

買い物カートにつかまりながらもその場でしばらくしゃがみ込んでしまい
なんとか落ち着いた後急いで車にもどり、買ったばかりのミルクカフェオレ
を飲んでなんとか落ち着きました。

もともと血圧は低めで妊娠前も時々立ちくらみを起こしていた事はありましたが、
昨日のはひどかったので驚きました。
定期検診で測る血圧も1月ごとにどんどん下がって、今では上は100程度あるものの
下は40台に...(先生は特に問題ないと言っていたのであまり心配はしていないのですが)

やっぱり妊娠中は無理はいけないんだな~と改めて実感し、今朝はさっそく鉄分補給の
ために朝食のフルーツにプルーンを追加!

定期検診

昨日は定期検診の日でした。

安定期に入るまでは時間が経つのがとても遅く感じて
いたのですが、5ケ月にはいったあたりからずいぶん早く
感じてます。

それでもまだはっきりとした胎動を感じられない私にとって、
月に一度の定期検診は唯一おなかのbabyの様子がわかる日
なのでとっても待ち遠しい~!

ただ、前回「体重注意」の印鑑を押されてしまったため、ちょっと
緊張気味で診察室へ。

なんとか1ケ月1kg増に押さえられたので先生も
『よくがんばったね~と言ってくれました。(ホッ)

Babyは今回はあまり動いていなくてじっとしている様子でした。
(寝たいたのかな~)
頭の大きさ(4.7cm)を測ったり、頭~お尻(13cm)してくれましたが
残念ながら性別はまだわからず...

性別がわかる事を私より楽しみにしている夫にそのことをメールすると
ちょっと残念そうでしたが、なによりbabyが無事でいてくれたことに一安心。

次回の検診をまた楽しみにします:)

いまのうちに~

昨日は年上のお友達とひさしぶりに会って
イタリアンのお店でランチをしました。

ひさしぶりだったことともともとおしゃべり好きな
二人ということもあってなんと4時間も!
(お店のヒト、ごめんなさい...)

妊娠の報告にとても喜んでくれて彼女のときの様子を
色々教えてもらったり、楽しい時間を過ごす事ができて
いい気分転換になりました。

そして、やっとつわりがおちついてきたことだし、
出産したらしばらくはなかなか出られなくなると思うので
今のうちに友達とのランチはどんどんしておかなくちゃ!
と思いました♪


ただ、外食してちょっと困るのが飲み物とタバコ。

たいてい暖かい飲み物ってコーヒーか紅茶しかなくて、
カフェインフリーのハーブティーがおいてあるところは
なかなかない.....
かといって冷たいドリンクばかり飲んでからだが冷えちゃうのも
嫌だし。

それから喫煙。
全席禁煙のお店はチェック済みなのでそれはいいのだけど、
たまに知らないで入ってみると喫煙OKだったり、
禁煙席と別れていても煙はなかなかシャットアウトできないので
×。 こうしてみると全席禁煙のお店ってまだ少ないな~。

不思議な食生活

今日から18week。

相変わらず胎動はちっとも感じません...


それにしても妊婦というのはこれほどし好が変化するものでしょうか?
自分で自分についていけない~。

妊娠が判明してから無性に食べたくなって、でもすぐに
食べなくなったもの
<鶏の唐揚げ><ところてん><アイス>

大好きだったのに全く口にしなくなったのが
 <コーヒー><甘いもの、特にケーキ><アルコール、特にワイン>

それまで特に好きじゃなかったのに食べるようになったのが
<おせんべい>


そしてお肉はすっかり食べられなくなって、特に豚肉、鶏肉はもうずっと
食べてません。
その分お野菜、(生野菜が特に)は毎食たべないと気が済まないかんじです。

こうなると食事も限られてきて、ほとんどの食事が
朝食。。。。。
パン(ホームベーカリーで作るか、ベーグルを購入)
山盛りの生野菜サラダ
卵 
フルーツ

昼。。。。
ごはんと簡単なおそうざい

夜。。。。
うどん、パスタ
+野菜
+サーモン、ツナなどでサラダパスタにしたり、納豆、山芋、わかめ
などでさっぱりうどん、たまにお豆腐

が定番。

でもこれにつきあわされる夫がかわいそうなので(!)お昼のお弁当には
お肉やお魚をいれてあげるようにしてます。


それにしても食事の好みはいったいいつ戻るんだろう...?
出産後かな...?

頭では、甘~いケーキとエスプレッソが飲みた~い、と思っているのに
体がちっともほしがらない!
寂しいな~



妊婦検診検査の公費負担

先日私が住んでいる自治体の保健センターからはがきが届き、
今まで妊婦検診の公費負担が2回までだったのを、この4月から
5回に増やす、とのこと!

というわけであと4回分はわずかな額ながらも市の補助が受けられる
ようです。

これは自治体によってずいぶん差があるようで、すべての妊婦検診に
補助がつくところもあれば、私の所のように2回とか、5回とかのところ
もあったりして。

とにかくこれからBabyにかかるお金は計り知れないと思うので、少しでも
おトクな気分になれて嬉しいです♪

不妊...?(2)

子宮内膜症と診断された当初はとてもショックでした。
それまでたしかに生理痛はひどかったし、ストレスや食事等
思い当たることはたくさんありましたが、はっきりと病名がつけられるのは
考える以上にダメージが大きかったです。

すぐにネットや本で子宮内膜症について調べました。

そして不妊症の人に子宮内膜症の人が多い事は事実だが、
それが妊娠できない事の決定的な要因になるとは限らない、
という事もわかって少しほっとしました。

その後検査をした病院でタイミング指導を受けながら排卵誘発剤
をうったり、子宮内膜を厚くする注射を打つ、ということを3ケ月くらい
続けました。

でも仕事を続けながら何度も産婦人科へ通い、お腹の大きな妊婦
さんたちの中に混じって診察を待つというのはとても辛い事で精神的に
参ってしまいました。(たった3ケ月でしたが...)
そんな私を夫も見かねて、治療はしばらくお休みすることにしました。

治療をやめようと思ったもう一つの理由が、なんとなく、治療で治して赤ちゃんを授かろう
という前にもっと身体の中や精神から健康にならなくちゃいけないんじゃないか
...と感じていたからかもしれません。



つづく

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。